肝臓にやさしい食生活とは?

12月 1, 2011

肝臓にやさしい食生活とは?

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

みんなで乾杯!

毎日1杯の青汁ミルクを飲んで“物言わぬ臓器”を守ろう

(2011/11/10、ダイヤモンド・オンライン)

11月後半から1月までは、会食の機会が増える時期。アルコール類はもとより、食事もこってり系が増え、ますます胃腸や肝臓に負担がかかってきます。特に、肝臓は“物言わぬ臓器”ともいわれ、症状が出たときには、すでに症状が進行しているので気をつけたいものです。

肝臓の主な働きは、飲食や呼吸で取り入れたものを必要なものと不要なものに分け、必要なものは効果的に使い、不要なものは解毒機能の働きで無毒化して排泄すること。ところが薬やタバコ、カフェイン、アルコールなどの摂取や貧相な食事を長く続けていると、肝臓の解毒システムが正常に働かなくなってしまいます。アルコールが弱くなったと感じたら、解毒能力が落ちているかもしれません。できるだけ肝臓に負担がかからない飲食を心がけましょう。

これからの季節は、肝臓や胃腸に負担がかかってくる時期です。

できるだけ、肝臓をいたわる、肝臓に負担のかからない食事を心がけたいものです。

→ 肝臓 について詳しくはこちら。

まずタバコやアルコールをやめ、できるだけ外食は避けましょう。そして、肝機能を高めるアミノ酸を含む低脂肪の優良タンパク質と、ビタミンやミネラルが豊富な野菜たっぷりの食事をとるようにします。これからの季節ならタラ、サケ、ブリなどの魚類とブロッコリー、コマツナ、ホウレンソウ、ニンジン、キャベツなどの野菜類がおすすめ。

そして、アルコールを飲む前に、ニンジンジュースと牛乳をミックスしたものやキャベツとブロッコリーのジュースを飲んで肝臓を守り、飲酒中には魚介類や赤、緑、黄色、オレンジ色の野菜など肝機能を高めるものをできるだけ食べましょう。

なかなか実行できない方には、飲む前に青汁と牛乳を混ぜ合わせたドリンクがおすすめ。1杯飲むだけでも、肝臓の負担を和らげてくれます。

■肝臓にやさしい食生活

  • タバコやアルコールをやめましょう。
  • 肝機能を高めるアミノ酸を含む低脂肪の優良タンパク質と、ビタミンやミネラルが豊富な野菜たっぷりの食事をとる。
  • アルコールを飲む前には、にんじんジュースや青汁に牛乳を混ぜあわせたドリンクで肝臓・胃腸を守る。
    記事によれば、「牛乳の優良タンパク質と脂肪分が胃の粘膜を守り、青汁の原料であるアブラナ科の野菜に多く含まれる含硫アミノ酸のシステインが肝臓を守ります。」ということだそうです。
  • 飲酒中には魚介類や赤、緑、黄色、オレンジ色の野菜など肝機能を高めるものをできるだけ食べましょう。

⇒ 脂肪肝 について詳しくはこちら。

⇒ 脂肪肝の改善方法 について詳しくはこちら。

【肝臓 関連キーワード】

【関連記事】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>