足がつる人は肝臓病の可能性|ホンマでっか!?TV 2月2日

2月 5, 2011

足がつる人は肝臓病の可能性|ホンマでっか!?TV 2月2日

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

2011年2月2日放送のホンマでっか!?TVでは、危ない病気の兆候SPでした。

そのなかで気になったのは、「足がよくつる人は肝臓病を疑ってみる」というもの。

足がよくつる人は、肝臓の代謝機能が低いため、肝臓の病気の危険性があるそうです。

番組(おおたわ史絵先生)によれば、

足がつる人には漢方薬、芍薬+甘草が一番効く。芍薬甘草湯。

がよいそうです。

【関連リンク】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂 フォローしてね。

Facebook-健康食品通販なら舶来堂 ファンページはコチラ!

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>


1日数杯のコーヒーは、肝疾患の進行を妨げる 米研究

10月 26, 2009

Love Coffee

Originally uploaded by Ahmed Rabea

このブログでもコーヒーと肝臓の健康に関する記事を紹介してきましたが、1日数杯のコーヒーが、肝疾患の進行を食い止めてくれる可能性があるとする研究結果が発表されたそうです。

1日数杯のコーヒーは、肝疾患の進行を妨げる 米研究

(2009/10/23、AFPBB)

1日数杯のコーヒーが、肝疾患の進行を食い止めてくれる可能性がある――。

米国立がん研究所(US National Cancer Institute)が21日、このような研究結果を発表した。

詳細は医学誌「Hepatology(肝臓病学)」11月号に掲載された。

コーヒーがなぜ肝臓の病気の進行を妨げるのか、気になるところです。

【関連記事】

【関連リンク】 


隠れ肝臓病・ウイルス性肝炎|ためしてガッテン(NHK)

9月 17, 2009

9月16日放送のためしてガッテン(NHK)では、「健診で見つからない!隠れ肝臓病100万人」がテーマでした。

今回のテーマで重要なポイントは、肝硬変の7割、肝臓がんの9割の原因が肝炎ウイルスによるものだということ。

「私はお酒を飲まないから大丈夫」

肝臓は強い」

など多くの人が肝臓病(肝臓の病気)について誤解しているようなのです。

肝臓は「沈黙の臓器」ともいわれ、病気になったとしても、自覚症状がほとんどないため、肝炎、肝硬変、肝臓がんと病気が進行してしまうようなのです。

 

■なぜ肝炎ウイルスに感染しているのか?

多くの人がウイルス性肝炎が輸血や一部の血液製剤によってのみ感染する病気と思っていますが、番組では、ウイルス性肝炎の感染原因として、当時行われていた注射器の使いまわしが原因の一つではないかと紹介していました。

この説が正しければ、誰が感染してもおかしくないということがいえそうです。

 

■肝機能検査ではわからない!肝炎ウイルス

肝機能検査が正常値でも肝炎ウイルスに感染している場合があります。

肝炎ウイルスに感染しているかどうかを知るためには、肝炎ウイルス検査を受ける必要があります。

肝炎ウイルス検査は、保健所や委託を受けている医療機関で、無料で受けられるそうです。(一部有料の場合もあるそうです。)

肝炎ウイルスは現代の日常生活の中では感染しないと考えられますので、肝炎ウイルス検査は、一生に一度受ければ良いようです。

 

■ウイルス性肝炎最新治療

C型肝炎は、ペグインターフェロンとリバビリンの併用。

インターフェロンで治らない場合は、炎症を抑えて病気の進行を遅らせる肝ひご療法が行われるそうです。

※詳しくは医療機関でお尋ねください。

インターフェロン治療には国の助成制度がありますので、活用してください。

 

■GPT(ALT)の基準値が変わった?

番組によれば、最近、肝機能検査の一つ、GPT(ALT)の基準値が変わってきたそうです。

これまでは、40までが基準値内とされてきましたが、最新の研究でGPT(ALT)が31以上ならば、肝臓に異常がある可能性が高いそうです。(脂肪肝、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんなど)

肝炎ウイルス検査を受け、そして、肝機能検査を定期的に受けることで肝臓、そして自身の健康を守りましょう。

【関連リンク】 

 

肝臓の病気の情報はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

肝臓の病気


隠れ肝臓病予告|ためしてガッテン

9月 16, 2009

9月16日放送予定のためしてガッテン(NHK)では、「健診で見つからない!隠れ肝臓病100万人」がテーマだそうです。

番組予告によれば、

肝硬変や肝臓がんで亡くなる人は年間5万人。

死者が減らない大きな要因のひとつが、肝硬変や肝臓がんの大もとにある病気「肝炎」に対する数々の誤解や思い込み。

輸血の経験がなくても肝炎ウイルスに感染していたり、肝機能検査の値が正常範囲なのに水面下で炎症が進行していたりするケースもあることがわかってきたのだ。

肝硬変や肝臓がんになるのを未然に防ぐ、最新の肝炎対策を伝授する。

肝炎は、おもな原因として肝炎ウイルスによる感染が多いそうです。

肝炎には、輸血も血液製剤にも関係したことがない人がなることがあり、知らない間に肝炎になっていることもあるそうです。

肝炎に対する正しい知識を知り、肝硬変・肝臓がんを早期発見・予防するようにしましょう。

また、番組では、肝炎治療の最前線やALT(健診の血液検査に含まれ、肝臓での炎症反応を見る指標とされる 肝臓の数値)の値が「正常」であっても、肝炎が進行しているケースが多いことなどを紹介するそうです。

【関連リンク】 


5つの先天性心臓病持つ男児、生体肝移植成功…慶応大病院

5月 29, 2009

5つの先天性心臓病持つ男児、生体肝移植成功…慶応大病院

(2009/5/29、読売新聞)

五つの先天性心臓病のほか、重い肝臓病の胆道閉鎖症を患う生後8か月の埼玉県の男児が、母親を提供者とした生体肝移植手術を慶応大病院(東京・信濃町)で受けて成功、29日、無事退院した。

5つの心臓病に加えて、肝臓の病気まで抱えていたなんて、大変だったことでしょう。

記事によれば、生体肝移植は成功し、現在は順調に回復しているそうです。

重い心臓病を複数抱えての生体肝移植の成功は世界でも報告がないという。

医師の治療チームも素晴らしかったのでしょうね。

【関連リンク】


肝炎治療、投与期間延長は有効 48週から72週に

11月 19, 2008

肝炎治療、投与期間延長は有効  48週から72週に(2008/11/14、共同通信)

肝臓病の専門医も加わる厚生労働省の肝炎治療戦略会議が14日開かれ、標準的なインターフェロン治療で効果が低い一部のC型肝炎患者について、治療期間を現行の48週から72週に約半年延長するのが望ましいとの見解をまとめた。

このことは、治療延長が有効だとする研究報告を受けてのものだそうです。

先日、治療費の助成期間(48週)を、来年度から72週に延長したいとの意向を8月に表明していたとのことです。

肝炎治療の治療成績が向上するといいですね。

【関連ページ】

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ


肝臓

7月 12, 2008

肝臓は沈黙の臓器といわれています。

それは、肝臓は再生能力・代償能力に優れ、ダメージを受けても残った正常細胞が余分に働き、機能を維持するからです。

そのため肝臓に異常があっても気付かず、異常に気付いたときには病気がかなり進んでいることがあります。

肝臓の病気になる前に生活習慣の改善に取り組みましょう。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ