ヒトの皮膚細胞から肝細胞を作製、ケンブリッジ大

9月 9, 2010

ヒトの皮膚細胞から肝細胞を作製、ケンブリッジ大

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

ヒトの皮膚細胞から肝細胞を作製、英ケンブリッジ大

(2010/9/1、AFPBB)

英ケンブリッジ大学(Cambridge University)の研究チームが、ヒトの皮膚細胞から作った幹細胞を肝細胞に成長させることに成功した。

肝硬変や肝臓がんで障害を起こした肝臓の修復への応用が期待されている。

医学誌「Journal of Clinical Investigation」に25日発表された。

人の皮膚細胞から肝細胞を作ることに成功したそうです。

これによって、肝硬変や肝臓がんといった肝臓の病気の治療や治療法の研究が期待できそうです。

また、記事によれば、今後肝臓以外の臓器への応用も考えられるそうです。

【関連リンク】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂 フォローしてね。

Facebook-健康食品通販なら舶来堂 ファンページはコチラ!

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>


ES細胞から成熟肝細胞、肝硬変の治療に期待

4月 21, 2009

ES細胞から成熟肝細胞、血友病治療に期待

(2009/4/20、読売新聞)

岡山大と米ピッツバーグ大の共同研究チームが、人間の「胚性幹細胞(ES細胞)」から、成熟した肝臓の細胞を作り出すことに成功した。

肝硬変の細胞治療などにつながる成果。

20日に岡山市で始まる国際細胞移植会議で発表する。

ES細胞から肝臓の細胞を作ることに成功したそうです。

肝硬変の治療や血友病の治療につながる可能性があるそうです。

【関連リンク】


iPS細胞から肝細胞 岡山大が成功

4月 20, 2009

iPS細胞から肝細胞 岡山大が成功

(2009/4/18、MSN産経)

岡山大病院(岡山市)の小林直哉講師らのグループが、マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から肝細胞に含まれる「アルブミン」などのタンパク質をつくることに成功した。

iPS細胞から肝細胞を作ることに成功したそうです。

この研究が進めば、肝不全患者らへの再生医療の可能性があるとして、注目されています。

【関連リンク】