脂肪肝が糖尿病を引き起こす原因?|ためしてガッテン(NHK)予告

9月 23, 2009

9月23日放送予定のためしてガッテン(NHK)では、「最新情報!隠れ糖尿病 一発解決法」がテーマだそうです。

大変興味深いので、番組予告を見てみます。

腎不全や失明など、深刻な合併症を引き起こす「糖尿病」。

最新の研究によって、糖尿病を引き起こす真犯人が判明した!

その正体は意外にも「脂肪肝」。

たとえ太っていなくても、肝臓に脂肪が多い状態の人は、血糖値が勝手に急上昇!

知らないうちに糖尿病のリスクが飛躍的に高まってしまうのだ。

そこで登場するのが“たった1回行うだけ”で効果抜群の新しい対策! 

糖尿病の最新情報を徹底紹介する。

糖尿病を引き起こす原因として、「脂肪肝」が取り上げられるそうです。

脂肪肝についてはこちら

 

隠れ糖尿病とは、どういう状態をいうのでしょうか。

なぜ私が糖尿病に? 実は「脂肪肝」が隠れていた!

糖尿病は、血液の中の「血糖」が多いために、血管が傷つきさまざまな合併症を引き起こす病気。

これまでは、内臓脂肪から分泌される悪玉物質が、血糖の正常なコントロールを阻害する主犯と考えられてきた。

ところが現在、太ってもいないのになぜか高血糖の状態が続いてしまう「隠れ糖尿病」とも呼ぶべき人が急増!

実は、健康診断では分からないレベルの「脂肪肝」が、血糖値を乱高下させていたのだ!

自分が脂肪肝になっていないかどうかを知ることが、糖尿病にならないための第一歩!

肥満でないにも関わらず、高血糖の状態が続くことを「隠れ糖尿病」として紹介するようですね。

糖尿病は、長い間悪い生活習慣を続けているために起こると思っていましたが、番組予告には、さらに気になることが紹介されていました。

衝撃! たった3日で糖尿病体質になってしまう!

糖尿病は、長い期間の不摂生が積もり積もって引き起こされると思いがち。

しかしそれは大間違い!

実は、高カロリー食をわずか3日間続けただけで、糖尿病のリスクは跳ね上がる!

放っておくと、血糖をコントロールする「すい臓」が疲弊して高血糖が慢性化する危険な状態に!

そうであれば、誰でもいつでも糖尿病になるリスクがあるということですね。

超簡単! たった1回の「あること」で糖尿病は解消する?

糖尿病の予防、改善には、きつい食事療法や運動療法が必要と思われてきたが、実は、たった1回「あること」をするだけでも、劇的な改善効果が!

さらには、週1回とっても楽しくできる習慣でますます効果アップ!

糖尿病の予防・改善に効果的な「あること」とは一体何なのでしょうか。

大変気になります。

【追記】

 

【関連記事】

隠れ糖尿病 たけしの本当は怖い家庭の医学

隠れ糖尿病とは、空腹時の血糖値は正常だが、食後は、血糖値が上昇してもインスリンがあまり分泌されず高血糖のままの状態が続く人をいうそうです。

隠れ糖尿病と普通の糖尿病との違いは、普通の糖尿病は空腹時の血糖値が高いのですが、隠れ糖尿病は、空腹時の血糖値は正常であるため、通常の健康診断では見つけるのが難しいということ。

【関連リンク】 


血糖値抑制に肝臓が関与

11月 21, 2008

血糖値抑制に肝臓が関与  糖尿病の新治療法に道(2008/11/21、47NEWS)

肝臓で特定のタンパク質を活性化させ、血糖値を抑えるインスリンを作る膵臓の細胞を増殖させる仕組みを、東北大の片桐秀樹教授(代謝学)らのグループがマウス実験で発見した。

糖尿病の新しい治療法につながる成果で、21日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 

肝臓が送る信号を増強させると、膵臓でのインスリン分泌が増え、血糖値が顕著に低下するなど糖尿病の治療効果が確認されたそうです。

糖尿病の新しい治療法につながるといいですね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)


ナルトビエイに脂肪肝改善効果

9月 11, 2008

「漁の敵」ナルトビエイに脂肪肝コレステロール改善効果があることがわかったそうです。

「漁の敵」ナルトビエイにメタボ改善効果 佐賀大発見(2008/9/8、朝日新聞)

有明海の高級二枚貝タイラギやアサリを食い荒らし、沿岸4県が駆除しているナルトビエイに、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を改善する成分が含まれていることが、佐賀大農学部の柳田晃良教授(食品栄養化学)の研究でわかった。

<中略>

柳田教授は5年ほど前、県の水産機関の研究員からナルトビエイの食害について聞き、「何か有効利用できないか」と相談を受けた。ナルトビエイはたんぱく質が多く、成分にどのような機能があるか研究を始めた。その結果、脂肪肝やコレステロール濃度を改善する作用があることを発見したという。

記事によると、肥満糖尿病のモデルラットにナルトビエイのペプチドが含まれたエサを3週間与えてやる実験をしたところ、肝臓の脂肪とコレステロールの量が2割ほど減ることを確認。メタボリック症候群を予防、改善する作用があることが確認できたそうです。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ


脂肪肝と高血糖 併発の謎解明

8月 18, 2008

本来、脂肪肝と高血糖は相反する現象ですが、メタボ糖尿病患者は両方が合併する例があり、「最大の謎」とされてきたそうですが、脂肪肝と高血糖が併発するその謎が解明されたそうです。

脂肪肝と高血糖 併発の謎解明(2008/8/17、読売新聞)

メタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)や糖尿病の患者が、脂肪肝と高血糖を合併する仕組みを、東京大の門脇孝教授(糖尿病・代謝内科)らが明らかにした。

インスリンは、肝臓に働きかけ、血中の糖分から脂肪合成を促進するなどして、血糖値をコントロールしています。

研究チームは、インスリンによって活性化する肝細胞の2種類のたんぱく質「IRS―1」「IRS―2」に注目。

実験によると、以下のことが明らかになったそうです。
●IRS―1は脂肪合成を促進する
●IRS―2は空腹時に増加して血糖値が上がらないようにしている

門脇教授によると、

「間食が多い人は空腹の時間が十分ないため、IRS―2が増えずに血糖値が上昇する一方、IRS―1によって脂肪肝が促進されているのでは」

と指摘しているそうです。

空腹の時間を十分に作ることで脂肪肝と高血糖の併発が予防できるということでしょうか。

今後の研究に期待したいですね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ