スティーブ・ジョブズ氏の闘病は「見事」―がん専門家

10月 7, 2011

スティーブ・ジョブズ氏の闘病は「見事」―がん専門家

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

Steve Jobs iPhone

スティーブ・ジョブズ氏の闘病は「見事」–癌専門家

(2011/10/7、CNET Japan)

Jobs氏は膵臓(すいぞう)の神経内分泌腫瘍、つまり島(とう)細胞の癌を2004年から患っていたことを認めた。それは侵攻性が低く珍しい種類の膵臓癌だった。それから何年も、Jobs氏は肝臓の移植を含む積極的な治療を次々に受けた。オハイオ州立大学総合癌センター胃腸癌部門の責任者Tanios Bekaii-Saab氏によると、島細胞の癌患者への移植は治療にプラスになることが証明されておらず、議論があるという。

Bekaii-Saab氏は米CNETに対し、肝臓移植は非常に重大な手術で、患者の人生を変えてしまうことが多いと説明した。

「大事な臓器に関わる大手術だ」とBekaii-Saab氏は言う。「Jobs氏が床を離れて、あのように活動しているのを見て驚いた。とても大きな手術で、たくさんの薬物療法と数々の処置を進める必要があるので、舞台に立って天才ぶりを発揮するのを見ると信じられない思いだった。こうした手術はいつも見ているが、精神的にも肉体的にも患者に大きな影響を及ぼす。Jobs氏が動けるようになったのを見て驚いた。見事だった」

Bekaii-Saab氏はJobs氏を治療したわけではないので、何が起きたか確実に言うのは難しい。同氏によると、仮に癌が広がっていなかったのだとすれば、新しい肝臓が機能しなくなったか、拒否反応を抑えるために使っていたはずの薬による合併症があったか、あるいはこれらの要因が組み合わさった可能性もあるという。

「複数の要因が作用したとわたしは推測している」と、Bekaii-Saab氏は語った。

スティーブ・ジョブズさんの病気に関するニュースはその都度取り上げられてきましたが、すい臓がんを患い、そして肝臓移植を含むさまざまな治療を受け、そしてその後大きなプレッシャーやストレスを受けるであろう表舞台の場に経つまでに回復したことはすごいことなのだと思います。

同じような病気になった患者にも大きな勇気を与えたのではないでしょうか。

【関連記事】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>


肝臓移植手術を必要とする息子のために、ダイエットで脂肪肝を克服した母親‐中国

11月 9, 2009

息子のために毎日10km走り続けた母親─中国

(2009/11/9、サーチナニュース)

肝臓移植手術を必要とする息子のために、7か月に及ぶダイエットで脂肪肝を克服して肝臓の一部を提供した母親が中国のメディアによって報じられた。

肝臓移植手術を必要とする息子のために、ダイエット脂肪肝を克服するなんて、すごいですよね。

肝臓移植手術が行われたのは湖北省武漢市にある病院。

この病院に入院していた31歳の息子は肝硬変を患っており、治療には生体肝移植が必要と言われてきた。

そこで母親は自らの肝臓を提供することを決意、今年2月に手術を行う予定になっていたが、直前になって母親が重度の脂肪肝であることが発覚し手術は中止となった。

そこで55歳の母親は毎日10kmを走るという無謀とも思えるダイエットを決行。

7か月毎日走り続けた結果、8キロ減量にした母親の脂肪肝はすっかり正常の肝臓に戻り、手術ができることとなった。

そして11月3日、13時間にわたる手術が行われ、母親の肝臓の一部が息子の体内に無事移植された。

医者や専門家は「減量が脂肪肝改善に有効とはいえ、すっかり改善されるのは奇跡的だ」と語っている。

「母の愛は強し」である。

息子を守るために、脂肪肝を改善するなんて、母の愛が感じられます。

母は強しですよね。

※世界仰天ニュースで取り上げられそうな感動話です。

【関連リンク】


肝臓提供の親は心身疲労

10月 11, 2009

肝臓提供の親は心身疲労…家族会を結成

(2009/10/10、読売新聞)

国立成育医療センター(東京都世田谷区)が病気の子供に肝臓の一部を提供した両親らにアンケートしたところ、約半数が心身の疲労感に悩まされていることがわかった。

肝臓の一部を提供した親の約半数が心身の疲労に悩まされているそうです。

提供後の気になる症状を挙げてもらうと(複数回答)、「疲れやすい」が46%、「傷の痛み、ひきつれ」が39%、「感覚のまひ、しびれ」が13%だった。健康への不安は40%が感じていた。

肝臓移植手術後の心身におけるアフターケアがより重要になりそうです。

【関連リンク】 

にほんブ��グ村 健康ブ��グへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>


アップルのスティーブ・ジョブズ氏、肝臓移植=経過良好、月内復帰へ-米紙

6月 21, 2009

アップルのジョブズ氏、肝臓移植=経過良好、月内復帰へ-米紙

(2009/6/20、時事通信)

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は20日、米アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO=54)が約2カ月前に肝臓移植手術を受けていた、と伝えた。術後の経過は良好といい、予定通り今月中に復帰できる見通し。

アップルのスティーブ・ジョブズCEOは肝臓移植手術を受けており、術後の経過は良好のようで、復帰できるとのことです。

体重が急激に減少し、心配されていましたが、手術が成功してよかったですね。

【関連リンク】


アップルのスティーブ・ジョブズ氏、肝臓移植を検討–米報道

1月 19, 2009

アップルのS・ジョブズ氏、肝臓移植を検討–米報道

(2009/1/19、CNET Japan)

Steve Jobs氏とAppleはここ2週間ほど、メディアの見出しを十分に統率できていないようだ。

Bloombergは米国時間1月16日午後、Jobs氏が肝臓移植を検討していると伝えた。
BloombergのConnie Guglielmo氏による電話取材の中で、Jobs氏は自分の健康状態についてコメントすることを拒んだ。「私のことは放っておいてくれ。なぜそれが重要なんだ?」
この記事は、「Jobs氏の病状を監視している」という匿名の情報筋の話を引用し、Jobs氏は「2004年に行ったすい臓ガン手術後に合併症が生じたことを受け」移植を熟考している、と伝えている。

記事によると、アップル社のスティーブ・ジョブス氏は肝臓移植を検討しているそうです。

肝臓の病気なのでしょうか。

まだ、詳しい情報は分からないため、続報を待ちたいところです。

【関連リンク】