飲み過ぎは4兆円の社会的損失?

2月 10, 2012

飲み過ぎは4兆円の社会的損失?

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

Drunken salery men

飲み過ぎは4兆円の損…たばこといい勝負?

(2012/2/9、読売新聞)

アルコールの飲み過ぎによる社会的損失が年間4兆1483億円に達することが、厚生労働省研究班の推計でわかった。

アルコールの飲み過ぎによる社会的損失は、4兆円に達するそうです。

研究班の尾崎米厚(おさきよねあつ)・鳥取大准教授(環境予防医学)らは、肝硬変の40%、浴槽での溺死の34%などがアルコールに起因するとする米国の研究を参考に、2008年の人口動態統計や患者調査のデータで推計。

飲み過ぎで、脳卒中、がんなどの病気やけがの患者が計24万6000人、死者が3万5000人増えたとした。

治療に1兆226億円かかり、69歳まで生きた場合に受け取れた賃金1兆762億円を失ったと見積もった。

研究班の調査で、働いている人でも男性の5・9%、女性の1・7%が「人間関係にひびが入った」「二日酔いで仕事を休む」などの飲酒による問題を抱えていた。

こうした問題で労働生産性が21%低下するとの研究があり、損失は1兆9700億円になった。

さらに、飲酒交通事故なども考慮。総額は、たばこの社会的な損失(5兆~7兆円)にほぼ匹敵した。

アルコールの飲み過ぎによる病気やけがの患者の治療に1兆226億円、69歳まで生きた場合に受け取れた賃金1兆762億円、労働生産性の低下による損失で1兆9700億円、飲酒交通事故などを含めると、その損失は4兆円に達したそうです。

→ 脂肪肝 について詳しくはこちら

→ 肝硬変について詳しくはこちら

→ 肝臓がんについて詳しくはこちら

【関連記事】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>


胎児に肝硬変を引き起こす「新生児ヘモクロマトーシス」の治療に成功=日本初、無事出産-香川大付属病院

9月 4, 2009

胎児の肝硬変治療に成功=日本初、無事出産-香川大付属病院

(2009/9/3、時事通信)

香川大学医学部付属病院は3日、新生児に重篤な肝硬変を引き起こす「新生児ヘモクロマトーシス」の胎児治療に、日本で初めて成功したと発表した。

胎児に肝硬変を引き起こす「新生児ヘモクロマトーシス」の治療に日本で初めて成功し、無事出産できたそうです。

新生児ヘモクロマトーシスとは一体どのような病気なのでしょうか。

新生児ヘモクロマトーシスは、母親から胎児に移される免疫グロブリンの一部が異常で、胎児の肝臓などの臓器に鉄分が蓄積、出産時に肝硬変などを患った状態で生まれてくるとされる病気。

今回の治療法が国内・海外で行われた結果は以下の通りだったそうです。

これまで国内では、周産期新生児学会などで21例の報告があり、軽症の1例を除いて全員死亡。

海外では2004年に米国の雑誌で今回の治療法が初めて紹介され、その後の報告では、55人の患者がこの治療を受け、52人が無事出産したと紹介されている。 

日本でも初めて成功したということで、今後この治療法が確立されるといいですね。

【関連リンク】 


生後17日の女児へ生体肝移植に成功 国内最年少記録

1月 8, 2009

生後17日の女児へ生体肝移植に成功 国内最年少記録(2009/1/9、朝日新聞)

生後17日、体重2.6キロの女児への生体肝移植に成功したと、自治医科大(栃木県下野市)が8日発表した。

手術に当たったチームの一人で、同大移植外科の水田耕一准教授によると、国内の生体肝移植では年齢が最も若く、体重が最も軽い記録という。

生後17日の赤ちゃんへの生体肝移植が成功したそうです。

よかったですね。

【関連ページ】

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ


お正月 2009

1月 1, 2009

Ozou-ni/お雑煮

Originally uploaded by yoshiko314

明けましておめでとうございます。

2009年も肝臓(特に肝臓の病気)に役立つニュースを取り上げてまいりますので、今年もよろしくお願いします。


2008年肝臓ブログ人気記事ランキングベスト10

12月 31, 2008
  1. 緒形拳、死因は「肝ガン(肝臓がん)」
  2. コーヒーを多く飲む人は肝臓がんの発生リスクが低い?
  3. GPT(ALT)
  4. γGTP
  5. 肝臓の数値
  6. GOT(AST)
  7. 肝臓の症状
  8. コーヒーに脂肪肝予防効果=飲む量減ると発症しやすく
  9. 脂肪肝と検索すると、「コーヒー 脂肪肝」が上位に
  10. 肝臓の病気

【関連ページ】


脂肪肝の罹患が増加―中国

12月 19, 2008

「ぜいたく病」脂肪肝の罹患が増加―中国(2008/12/15、Record China)

2008年12月13日、香港中文大学内外全科の黄医学士、上海新華医院消化内科の範健高(ファン・ジエンガオ)主任などの専門家が香港で行った研究会で、現在脂肪肝はアジアで最も多い肝臓病であり、中国人の罹患率も上昇しつつあることがわかった。中国新聞ネットが伝えた。

中国で脂肪肝の人が増加しているようです。

黄医学士は、中国には肥満の人が1億人以上いるが、特に注目すべきなのは、肥満児童の脂肪肝発病率が8割程度と高いことだという。

専門家達は、脂肪肝の罹患率は肥満の増加に伴い増えていくと懸念する。

範主任は、脂肪肝の治療は潜在的な病気の要因を治療し、肝細胞の破壊や肝細胞膜の破裂に対する治療を行うなどするが、最も有効な予防法は「適度な体重とウエスト周りを保つこと」だという。

中国の肥満児童の脂肪肝発病率が8割と高いことに驚きます。

中国では、生活水準が上昇し、肥満が増加傾向にあり、糖尿病などの生活習慣病の患者が急増しているようです。

このままでは、生活習慣病大国になる日も遠くはないかもしれません。

【関連ページ】

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ


岩手医大:肝疾患相談センター開設 医師ら電話で対応、専門性高く 【岩手】

10月 29, 2008

岩手医大:肝疾患相談センター開設 医師ら電話で対応、専門性高く /岩手(2008/10/25、毎日新聞)

岩手医大に県肝疾患相談センターが24日、開設された。これまでは保健所などで相談を受けていたが、肝疾患診療連携拠点病院に指定されている同大に開設することで、より医学的、専門的な相談に対応できるようになる。

岩手医大に肝疾患相談センターが開設されたそうです。

これまでにも肝炎ウイルス検査の必要性や感染の原因などについての相談があったそうで、今回センターができたことで、より専門的な相談ができるようになり、また相談後診療を受けることもできるそうです。

このようなセンターはどの都道府県にもあるのでしょうか。

もし、そのようなセンターが全国どの都道府県にもないのであれば、肝炎は肝臓がんの原因といわれているので、ぜひ開設を考えてもらいたいものです。

【関連ページ】

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ