肝臓がんのゲノム初解読-国立センターなど

4月 20, 2011

肝臓がんのゲノム初解読―国立センターなど

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

肝臓がんのゲノム初解読=遺伝子変異多数―国立センターなど

(2011/4/19、時事通信)

肝臓がん細胞の全遺伝情報(ゲノム)を世界で初めて解読し、がんを抑える遺伝子の機能喪失や働きの低下につながる変異を多数発見したと、国立がん研究センター研究所や東京大などの研究チームが19日発表した。

肝臓がんのゲノムを世界で初めて解読したとの発表が行われたそうです。

今後新たな治療法につながることが期待されます。

⇒ 肝臓がん について詳しくはこちら。

解読対象は、日本人の肝臓がん患者の8割を占めるC型肝炎ウイルス(HCV)感染による肝臓がん。

詳細に解析できたのは70代の男性患者1人だが、さらに多くの患者について解析中。

同研究所の中釜斉所長は「肝臓がんは複雑で、いろんなタイプが混在しているらしいことが分かった。

研究が進めば、患者ごとに効果が高い治療戦略を立てられるようになる」と話した。

記事によれば、肝臓がんには色々なタイプが混在しているため、今回の研究によって、より効果が高い治療方針がたてられるようになるかもしれないとのことです。

【関連プレスリリース】

⇒ 肝臓 については詳しくはコチラ。

⇒ 肝臓の病気 については詳しくはコチラ。

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブ��グ村 健康ブ��グへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>


「手術か、ラジオ波か」肝臓がん治療の比較試験始まる

6月 20, 2009

「手術か、ラジオ波か」肝臓がん治療の比較試験始まる

(2009/6/18、読売新聞)

早期の肝臓がんに対し、手術とラジオ波治療のどちらが優れているか、比較する多施設共同研究(SURF試験)が始まる。

主任研究者の東大教授、国土典宏さんらが発表した。

肝臓がんの治療法に関して、手術が良いのか、それともラジオ波治療がよいのかを比較する研究が始まるそうです。

肝臓がんの治療ガイドラインでは、肝機能が低下していない患者で、3センチ以下のがんが3個以内の場合、切除手術か、体の外から電極針を刺しがんを焼くラジオ波治療を勧めている。

現時点では、どちらが優れた治療法なのか結論が出ていないそうです。

今回の研究が今後の肝臓がん治療において大事なポイントになるかもしれません。

【関連リンク】


肝疾患の治療体制充実へ、熊本大病院が診療拠点に

5月 23, 2009

肝疾患の治療体制充実へ、熊本大病院が診療拠点に

(2009/5/19、読売新聞)

肝炎や肝臓がんなどの肝疾患治療で中心的な役割を果たす「肝疾患診療連携拠点病院」に、熊本大付属病院(熊本市本荘)が指定された。

肝炎肝臓がんなどの肝臓の病気に関する治療において、熊本大付属病院が中心的役割を担い、今後は、専門医とかかりつけ医との連携し、質の高い肝疾患治療を提供できるような体制作りを進めていくそうです。

肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、自覚症状に気付きにくいため、気づいた時には悪化していることが多いようです。

また、記事によれば、

かかりつけ医の知識不足から、異常を見過ごすこともあり、専門医との連携の必要性が指摘されていた

そうです。

そういう意味においても、肝臓の病気における診療拠点ができたことは良いことではないでしょうか。

良い体制作りができるといいですね。

【関連リンク】


血糖値抑制に肝臓が関与

11月 21, 2008

血糖値抑制に肝臓が関与  糖尿病の新治療法に道(2008/11/21、47NEWS)

肝臓で特定のタンパク質を活性化させ、血糖値を抑えるインスリンを作る膵臓の細胞を増殖させる仕組みを、東北大の片桐秀樹教授(代謝学)らのグループがマウス実験で発見した。

糖尿病の新しい治療法につながる成果で、21日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 

肝臓が送る信号を増強させると、膵臓でのインスリン分泌が増え、血糖値が顕著に低下するなど糖尿病の治療効果が確認されたそうです。

糖尿病の新しい治療法につながるといいですね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 生活習慣病(成人病)へ

(人気ブログランキングに参加しています)


肝炎治療、投与期間延長は有効 48週から72週に

11月 19, 2008

肝炎治療、投与期間延長は有効  48週から72週に(2008/11/14、共同通信)

肝臓病の専門医も加わる厚生労働省の肝炎治療戦略会議が14日開かれ、標準的なインターフェロン治療で効果が低い一部のC型肝炎患者について、治療期間を現行の48週から72週に約半年延長するのが望ましいとの見解をまとめた。

このことは、治療延長が有効だとする研究報告を受けてのものだそうです。

先日、治療費の助成期間(48週)を、来年度から72週に延長したいとの意向を8月に表明していたとのことです。

肝炎治療の治療成績が向上するといいですね。

【関連ページ】

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ


岐阜大、肝臓がん新治療法に着手 凍結治療で効果

11月 10, 2008

岐阜大が高度医療に申請へ  進行がんの凍結治療で効果(2008/11/5、共同通信)

岐阜大病院(岐阜市)は、進行して手術による切除が困難になった肝臓がん患者に対し、患部を少しずつ凍結して壊死させる治療方法で一定の効果がみられたとして、一部の保険診療が可能になる高度医療評価制度の認定を求めて、近く厚生労働省に申請する。

肝臓がんの新しい手術法のようです。

上記のこの記事には詳しい手術の治療法について載せていなかったのですが、中日新聞の記事により詳しい治療法が載せてありました。

岐阜大、肝臓がん新治療法に着手 局部細胞凍らせ破壊(2008/11/6、中日新聞)

この治療法は、先端だけ熱を通す直径3ミリほどの針を腹部から肝臓内のがん組織に刺し、マイナス196度の液体窒素を送り込んで局所的に凍結させる。治療は週1回、15分間の冷却を5分の間を置いて3回繰り返し、がん細胞を破壊する。

2つの記事から手術法についてまとめてみました。

末期がん治療では、がん細胞を熱で焼く方法が行われているが、細胞を焼くとがん細胞内のたんぱく質が変性して免疫細胞が正しく反応できないそうです。

また、欧米を中心に実施されている従来の凍結治療は患部全体を1度に行うため、免疫異常などによる合併症も指摘されるが、岐阜大病院の方法だとこの危険性は低いそうです。

今後期待の治療法のようですので、今後も注目していきたいと思います。

【関連ページ】

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ


がんの種類で治療成績に差

10月 31, 2008

がんの種類で治療成績に差(2008/10/30、NHK)

一般的に治療が難しいとされる肺がんや肝臓がんの場合、患者の数が多い病院ほど治療成績がいいのに対して、胃がんや大腸がんの場合は、患者の多い病院と少ない病院で成績の差はあまりないという調査結果を、大阪府立成人病センターのグループがまとめました。研究グループは、がんの種類によって病院ごとに治療の役割分担を進めるべきだとしています。

記事によると、5年生存率分析した結果、一般的に治療が難しいとされる肺がんや肝臓がんでは、年間数人しか治療していない病院の患者が死亡するリスクは、患者の多い病院で治療を受けた場合に比べ、2倍近くになっていたのに対して、胃がん大腸がん、それに乳がんでは、年間20人以上治療している場合、病院による治療成績の差はほとんどなかったそうです。

つまり、より治療の成果を上げるためには、患者数が多く、治療技術が広まっている胃がんなどのがんについては、一般の病院で、治療が難しい肝臓ガンなどはがんセンターなどで治療するように役割分担が必要ではないかということのようです。

【関連ページ】

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ