肝臓とインスリン抵抗性

8月 6, 2008

続・糖尿病50話:第19話 インスリン抵抗性(2008/7/29、毎日新聞)

インスリンの働きが不足する原因には、分泌自体が不足する「インスリン分泌障害」の他に、肝臓や筋肉、脂肪などでの働きが低下する状態があり、これを「インスリン抵抗性」と呼んでいます。

このインスリン抵抗性は糖尿病患者にだけ限った話ではないそうです。

この記事によると、インスリンの働きが不足する原因には2つあるそうです。

1. インスリン分泌障害:インスリンの分泌自体が不足する
2. インスリン抵抗性:肝臓や筋肉、脂肪などでのインスリンの働きが低下する状態

お酒の飲みすぎで肝臓に脂肪が蓄積した状態の「脂肪肝」になると、インスリン抵抗性が起こります。

また、インスリン抵抗性は、高血圧、高脂血症、動脈硬化を招く原因ともなりえます。

生活習慣病を予防するためにも、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣を見直しましょう。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ