皮膚から肝臓細胞=マウスで直接作製-九州大

6月 30, 2011

皮膚から肝臓細胞=マウスで直接作製―九州大

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

皮膚から肝臓細胞=マウスで直接作製―九州大

(2011/6/30、時事通信)

マウスの皮膚細胞に2種類の遺伝子を導入し、肝臓の細胞に直接変えたと、九州大生体防御医学研究所の鈴木淳史准教授らが30日、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

増殖能力が高く、身体のさまざまな細胞に変わる万能細胞「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作ってから肝臓の細胞に変える方法より、安全性や効率を高められる可能性があり、鈴木准教授らはヒトの細胞でも実現を目指す。

成功すれば、肝臓疾患の移植治療や新薬開発に役立つと期待される。

皮膚細胞から直接肝臓細胞ができるというこの方法が成功すれば、今後肝臓疾患の移植治療・新薬開発につながることが期待できそうです。

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂 フォローしてね。

Facebook-健康食品通販なら舶来堂 ファンページはコチラ!

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>


脂肪肝と糖尿病改善に小分けダイエット|たけしのみんなの家庭の医学 6月28日

6月 29, 2011

脂肪肝と糖尿病改善に小分けダイエット|たけしのみんなの家庭の医学 6月28日

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

2011年6月28日放送のたけしのみんなの家庭の医学のテーマは「家庭でできる!内蔵若返りSP 絶対知っておきたい4つの法則」でした。

一番気になったのは、肝臓若返りの法則。

番組で紹介されたケースでは、ダイエットとリバウンドを繰り返した女性を紹介。

リバウンドした彼女があるとき血液検査を受け、肝臓の検査を受けたところ、彼女の肝臓は、脂肪がついた状態の「脂肪肝」になっていたのです。=肝臓の老化現象

それだけではなく、肝臓の老化は、糖尿病まで招いていました。

脂肪肝と糖尿病は表裏一体。

カロリーオーバーの食事を続けると、余った等が脂肪に変わり、肝臓に蓄積します。

これが、脂肪肝=肝臓の老化。

脂肪肝になると、インスリン(糖分をエネルギーに変える働きを持つ)の働きを妨げる物質が分泌されます。

血糖値を下げようと、すい臓はさらに大量のインスリンを分泌し、その結果、すい臓が疲れてしまい、糖尿病を発症してしまうのです。

■小分けダイエット

肝臓若返りのために、番組で紹介したのは、番組で紹介したのは、小分けダイエットというダイエット方法。

※減量させ、肝臓の脂肪を基準値以下にまで戻すには、ダイエットが欠かせません。

小分けダイエットとは、「食事」と「運動」を小分けにするというもの。

●食事

リバウンドを避けるためにも、3度の食事をしっかりと食べる。

また、お腹が空いたら我慢せずに食べてもいい。

ただし、間食は野菜だけにする。

●運動

食後すぐに運動することで、摂取した糖はエネルギーとして消費され、新たな脂肪は蓄積されません。

そこで、毎食後に10分、1日3回のウォーキングを行うようにする。

⇒ 脂肪肝の改善方法 についてはこちら

【関連記事】

そのほか(心臓若返り・腸若返り)などについては、番組HPを御覧ください。

【関連リンク】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂 フォローしてね。

Facebook-健康食品通販なら舶来堂 ファンページはコチラ!

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>


肝臓の健康(ウコン・脂肪肝・NASH)|ためしてガッテン 6月29日

6月 29, 2011

肝臓の健康(ウコン・脂肪肝・NASH)|ためしてガッテン 6月29日

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

2011年6月29日放送のためしてガッテンのテーマは「肝臓の健康を守れSP」です。

近年、予備軍1000万人の肝臓病が増えているそうです。

■肝臓の働き

  • アルコールの分解
  • 老廃物の処理
  • エネルギーを作る
  • 脂肪の保管
  • 胆汁を作る
  • ビタミンの合成
  • 解毒

■脂肪肝がなぜがんになるのか? 脂肪ががんを作る

ミトコンドリアは、肝臓が行う分解や解毒などすべての処理に必要なエネルギーを作っている。

ミトコンドリアは糖からエネルギーを作る働きを持っています。

ミトコンドリアが正常に働いてエネルギーを作ってくれるおかげで、肝臓が行う分解や解毒などすべての処理ができるわけです。

脂肪肝になると、脂肪肝の細胞の中には、脂肪が入り込んでしまって、ミトコンドリアに異常が起こってしまいます。

その異常とは、ミトコンドリアが糖からエネルギーを作るのではなく、脂肪からエネルギーを作るようになってしまうことです。

脂肪肝の細胞には、糖が入ってこないため、ミトコンドリアは肝臓を動かすために、脂肪をエネルギーにしているというわけです。

しかし、ミトコンドリアにも限界があり、脂肪からエネルギーをつくる過程でミトコンドリアは巨大化してしまい、機能不全に陥ってしまいます。

この状態のことを、ジャイアント・ミトコンドリアと呼ぶそうです。

ジャイアント・ミトコンドリアが死ぬと、細胞自体が死んでしまいます。

しかもこの時肝臓に炎症が起こってしまいます。(=肝炎)

次に、星細胞がやってきて、星細胞は、死んだ細胞の跡地を埋めるために繊維=コラーゲンを吐き出します。

そして、隙間がコラーゲンでガチガチに固められてしまい、線維化状態になります。(=肝硬変)

肝臓がんは肝硬変になった頃に登場するそうです。

 

脂肪肝⇒(炎症)⇒肝炎⇒肝硬変⇒最悪の場合、肝臓がん

 

脂肪肝を出発点にした肝臓病を非アルコール性脂肪肝炎、通称NASH(ナッシュ)
いいます。

NASH予備軍は1000万人。

過度にお酒を飲まない脂肪肝⇒約2割が10年でNASHに進行する。

日本人の肝硬変・肝臓がんの原因のほとんどは肝炎ウイルス・アルコール。

NASHは肥満や糖尿病がベースで、生活習慣病が増えて、NASHが増加。

NASHからの肝臓がんは脂肪が消えていく=バーンアウト(焼けただれた)NASH

進行するにつれて脂肪がなくなってしまうため、NASHからの肝臓がんと診断できない。

 

NASHと関連する因子は・・・

といった現代人がかかえる生活習慣病と深い関係があることがわかります。

 

■たまった肝臓の脂肪を燃やすには?

計算上、週に3日夜更かしすると年間1kgの脂肪燃焼の妨げになるそうです。

脳:糖で作られたエネルギーを好む

心臓:脂肪で作られたエネルギーを好む

起きている間は、肝臓は脳のために糖を使ってエネルギーを作ります。

寝るときには、脳はそれほどエネルギーを必要としないので、肝臓は心臓のために脂肪を使ってエネルギーを作ります。

つまり、ムダに夜更かししていると、肝臓が燃やすはずの脂肪が燃えないということです。

 

■ウコンで肝臓病が悪化する?

C型肝炎に感染したある方は、熱心に治療しているのにもかかわらず、なかなか症状が回復しませんでした。

病院が調べたところ、あることが原因でした。

それは、肝臓に少しでもいいものをと思い、飲んでいたウコンでした。

ウコンを取るのをやめると、その方の肝機能の数値は改善されました。

ウコンのどの栄養素が問題だったのでしょうか。

その栄養素とは、「鉄」でした。

※鉄の摂取

健康な人の場合は、貯蔵しないと貧血が起こる。

C型肝炎/NASHの場合は、鉄が過剰に貯まる。=鉄過剰

※鉄過剰

肝臓にたまった鉄が参加する

⇒肝臓に炎症を引き起こす

C型肝炎/NASHの患者さんの場合には、鉄の摂取を制限する

⇒6mg/日以下に抑える

食事の他に鉄を含むウコンを摂取すると摂取量を超えるおそれがある。

※鉄分がほとんどふくまれていないウコン商品もありますが、鉄分表示をされていないものが多かったそうです。

※フェリチン値

血液中に貯蔵されている鉄の量。

血液検査で測定することができる。

C型肝炎/NASHの患者さんは、一度フェリチン値の測定を。

フェリチン値に異常のない方は、ウコンを飲んでも問題ないようです。

ウコンの他にも健康食品の中には鉄が含まれているものがあるので注意。

 

【関連リンク】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂 フォローしてね。

Facebook-健康食品通販なら舶来堂 ファンページはコチラ!

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>

続きを読む »


足がつる事と肝臓の関係|足がつらないための3つの予防策とは

6月 28, 2011

足がつらないための3つの予防策とは

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

At the Marathon 2009

渡辺監督 足がつり途中降板の涌井に体質改善の勧め

(2011/6/21、スポニチアネックス)

足がつらないための予防策としては、(1)ミネラル補給(2)こまめな着替え(3)暴飲暴食を控える――の3点が挙げられる。

(1)について坂元トレーニングコーチは「ワク(涌井)は普段は水を飲むことが多いから、ミネラルが含まれるスポーツドリンクに替えるとか」。(2)はイニング間の着替えで体温調整をし、急激な体温上昇を抑える。(3)について山口トレーナーは「肝臓が弱ると筋肉にも影響が出る。お酒を飲み過ぎないようにするとか」と説明した。

足がつらないための3つの予防策としては、

  1. ミネラルが含まれるスポーツドリンクでミネラル補給
  2. こまめな着替えで、急激な体温上昇を抑える
  3. 肝臓を弱らせないように、暴飲暴食を控える

ことが重要なようです。

【関連記事】

足がよくつる人は、肝臓の代謝機能が低いため、肝臓の病気の危険性があるそうです。

【関連リンク】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂 フォローしてね。

Facebook-健康食品通販なら舶来堂 ファンページはコチラ!

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>


ホリスティック・デトックスとは?

6月 14, 2011

ヴィクトリア・ベッカムもハマるホリスティック・デトックスとは?

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

ヴィクトリア・ベッカムが行っているホリスティック・デトックスとは何なのでしょうか?

ヴィクトリア・ベッカムもハマるホリスティック・デトックスとは?

(2011/5/30、女子力アップCafe Googirl)

■ホリスティックとは

まず、ホリステックとは、ギリシャ語の「holos(全体)」が語源となっています。

ギリシャ語の「holos」から「health(健康)」という言葉も生まれたそうです。

ここから生まれたホリステック医学は、インドのアーユルヴェーダ医学やギリシャのユナニ医学などの伝承医学のように、自然健康法を活用し、自分や家族の健康を自らの手で創り出すことを目的にしています。

毒素を排泄して浄化し、免疫系と神経系と内分泌系のバランスを保つような食生活やマッサージ、ストレッチなどの健康法を行って、病気のない体を手に入れるそうです。

<中略>

食品添加物や、未消化の食品、ストレスや疲労物質などが昇華されず身体に溜まっていくと、それが毒素となって身体を循環し、病気の牽引役となってしまうと考えているのがホリステック療法の特徴。

溜まった毒素は血管を通って身体を循環し、血管に付着して動脈硬化などの病気を招いたり、アレルギーやアトピー、喘息などを引き起こすと言われています。

ホリスティックにおいては、毒素を排出するというのがポイントみたいですね。

ではどのようにして毒素を排出するのでしょうか?

■毒素排出方法

ヒマシ油湿布

そこで、心身に溜まった毒素を排出してくれるとして、重宝されているのが、ヒマシ油パック。

ヒマシ油は、アロマテラピーオイルのベースとなるキャリアオイルや、石けんなどにも使われるオイルで、ヒマシ油での温湿布は、肝臓の解毒ができるといわれています。

他にも、オイルを使ったマッサージや発汗、腸内洗浄などによって、体内にたまった毒素を排出させて健康的な体を手にいれていくのがホリスティック・デトックスです。

ヒマシ油パックやマッサージ、発汗、腸内洗浄などによって、体内の毒素を排出するそうです。

また、記事では、毒素排出に良いとされる食べ物も紹介されています。

■デトックスにおすすめの食材

Almonds

生アーモンド

生のアーモンドは、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、銅などの栄養素が含まれ、新陳代謝の働きを活発にし、排泄を盛んにします。

しかも、他の食べ物と比較しても、ビタミンやミネラルが多く、フライなどされていない生のアーモンドはダイエットやデトックスにはぴったりです。

ダイエットの際の間食におすすめの食べ物としてアーモンドがよく出てきますが、今回は生アーモンドが紹介されています。

アーモンドにはビタミン・ミネラルが豊富なのだそうです。

【関連記事】

Pomegranate

ざくろ

昔から、子宝に効き目のある果物として有名だったざくろは、女性ホルモン「エストロゲン」が豊富で、女性特有の体の不調の時に食べると良いとされてきましたが、実はそれ以外にも美容と健康に良い栄養素がたくさん含まれた食べ物なんですよ。

たとえば、ビタミンA、B、C、Eなどのビタミン類や血液浄化と循環作用に非常に効果的なマグネシウム、むくみ解消効果のあるカリウムなどのミネラル類も含まれています。

ざくろも健康によいドリンクとして注目されていますよね。

【関連リンク】

Rosebud Soaps

ローズバッズ

ローズバッズとは、開花する前のダマスクスローズの蕾をひとつひとつ丁寧に摘みとり、乾燥させたドライハーブのことで、ハーブティーや食用、入浴、アロマテラピーやエッセンシャルオイルなどに使われるものです。

ローズバッズの花びらを5~10分ほどかけてポットで抽出すれば、ハーブティーとなり、神経、心臓、胃などの強壮作用や鎮静作用があります。

ローズバッズは初めて耳にする言葉です。

開花する前のダマスクスローズの蕾をひとつひとつ丁寧に摘みとり、乾燥させたドライハーブのことなのだそうで、ハーブティーとして飲むとよいそうです。

Jerusalem Artichokes

キクイモ

天然のインシュリンともいわれる菊芋には、善玉菌の餌となるイヌリン、抗酸化作用のあるポリフェノールの他、ビタミンB群をはじめとしたβカロチン、ナイアシン(ニコチン酸)、ビオチン、アスコルビン酸などのビタミン、酵素、ミネラルなどが含まれた食べ物です。

キクイモは、日本でも健康食材として紹介されていますよね。

ちなみに、記事によれば、ヴィクトリア・ベッカムさんはこれまでびっくりするようなダイエット方法でダイエットしていたそうです。

一日の摂取カロリーの上限は、なんとたったの900kcalに抑えるダイエットを行っていたそう。
口にするのはドライフルーツとナッツだけ、とか、ベリー類だけしか食べないダイエットまで行っていた彼女も、現在は妊娠中とあって、食生活を改め、心も体も浄化する『ホリスティック・デトックス』を学んでいるとのこと。

⇒ 芸能人・有名人・セレブのダイエット方法 について詳しくはコチラ。

⇒ あなたにあった ダイエット 方法の選び方 はこちら

⇒ ダイエットの基礎知識 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>