肝臓における脂肪代謝の新たな制御機構を解明、脂肪肝治療ヘの応用に期待-九大

肝臓における脂肪代謝の新たな制御機構を解明、脂肪肝治療ヘの応用に期待-九大

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

肝臓における脂肪代謝の新たな制御機構を解明

(2010/12/2、科学技術振興機構)

JST 課題解決型基礎研究の一環として、九州大学 生体防御医学研究所の中山 敬一 教授らは、肝臓における中性脂肪注1)の合成が、ユビキチン化酵素注2)であるFbxw7(エフ・ビー・エックス・ダブリュー・セブン)によって恒常的に制御されていることを明らかにしました。

<中略>

本研究はFbxw7が肝臓における中性脂肪の合成を生体内で恒常的に制御していることを示した初めての報告であり、今後、その機能を制御することで脂肪肝や脂肪肝炎に対する治療への応用が期待されます。

肝臓における中性脂肪の合成を制御する機構が解明されたことにより、今後脂肪肝や脂肪肝炎に対する治療への応用が期待されるそうです。

【関連リンク】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。