汚職高官、勾留中の規則正しい生活で健康回復-中国

11月 25, 2010

汚職高官、勾留中の規則正しい生活で健康回復-中国

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

汚職高官“塀の中”の健康ライフ、規則正しい生活で体質改善=中国

(2010/8/19、サーチナ)

汚職などの疑いで収監された高級官僚が、勾留中に次々に健康を取り戻している。規則正しい生活を強いられ、暴飲暴食が許されないためという。広州日報が報じた。

中央政府や省が処理を監督する案件の場合、広東省看守所に収監されることになる。毎朝6時に起床。掃除、読書、学習、ラジオ体操などを行い、午後10時には就寝。食事は与えられるものだけだが、栄養はしっかりと管理されている。有罪判決が確定して「受刑者」になるまでは、「懲役の労働」もなく、疲労することもない。

収監前に高血圧・高血脂・高血糖や脂肪肝など健康上の問題は、いずれも治ってしまうという。逆に、不規則な生活でやせていた者が、体重を増やす場合もある。

記事によれば、高血圧高脂血症・高血糖や脂肪肝など健康上問題を抱えていた汚職の疑いで収監された高級官僚は、規則正しい生活によって、健康を取り戻しているそうです。

不規則な生活をしていた人で、健康を取り戻したいという方は、今回のスケジュールを参考にしてみるといいかもしれません。

※毎朝6時に起床。掃除、読書、学習、ラジオ体操などを行う。午後10時には就寝。食事の栄養はしっかりと管理されている。

P.S. どんなことを学習しているのかという点も興味深いので、ご紹介。

「学習」で人気があるのは、英語と法律。

「正当な金儲けの方法」として、改めて株式投資術を勉強する者もいる。

英語と法律を学ぶことは欠かせないということなのでしょうね。

【関連リンク】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂 フォローしてね。

Facebook-健康食品通販なら舶来堂 ファンページはコチラ!

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>


人間の細胞から小さな人工肝臓を作り出す事に成功

11月 15, 2010

人間の細胞から小さな人工肝臓を作り出す事に成功

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

人間の細胞から小さな人工肝臓を作り出す事に成功

(2010/11/3、スラッシュドットジャパン)

danceman 曰く、

人間の細胞から人工臓器を作り出す研究を行っている米ノースカロライナ州のWake Forest University Baptist Medical Centerの再生医学研究所は、人間の肝細胞を増殖させ、人工肝臓を作り出す事に成功した(/.本家Gizmag)。

大人の肝臓の平均重量は2Kg程だが、今回作成に成功した人工肝臓は5.7gとかなり小さい。

実際に人に移植して機能するには最低454gは必要とのことだが、肝臓再生の大きな一歩を踏み出すこととなった。

作成方法は、まず動物の肝臓から細胞だけを抜いて「透け透けの抜け殻」(コーラーゲン組織)にする。

血管の網状組織はそのまま残っているので、抜き出した細胞の代わりに前駆細胞と血管内皮細胞を入れる。

これを細胞培養装置に入れて一週間待ったところ、人間の肝組織へと増殖していたそうだ。

肝臓移植を必要とする人の数に比べてドナーが不足していることから、人工肝臓による問題解決が急がれている。

また、新薬の安全性を確認する際に人工肝臓でテストを行うことも視野に入れられており、肝細胞増殖による肝臓の再生に大きな期待が寄せられている。

記事によれば、人間の細胞から人工肝臓を作り出すことに成功したそうです。

ただ、今回作成に成功した人工肝臓は人に移植して機能するにはかなり小さいそうですが、肝臓再生への第一歩と言えそうです。

今回の成功によって、肝臓移植を必要とするドナー不足の解消や新薬の安全性テストなど様々な期待が寄せられています。

また、自分自身の細胞から作られた人工肝臓であれば、より安全な移植も可能になるということかもしれません。(※医学的知識が不足しているため、実際はどうなのかは分かりません)

【関連リンク】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂 フォローしてね。

Facebook-健康食品通販なら舶来堂 ファンページはコチラ!

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>


血糖値上げる肝臓ホルモン発見=糖尿病の新たな治療法に期待―金沢大

11月 7, 2010

血糖値上げる肝臓ホルモン発見=糖尿病の新たな治療法に期待―金沢大

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

血糖値上げる肝臓ホルモン発見=糖尿病の新たな治療法に期待―金沢大

(2010/11/5、時事通信)

金沢大の金子周一教授らの研究チームは5日、肝臓で作られるホルモンが血糖値を上げ、インスリンによる糖尿病治療を邪魔することを発見したと発表した。これまで後天性の糖尿病は脂肪摂取が主な原因と考えられており、肝臓との関連が見いだされたのは初めて。

肝臓で作られるホルモンが血糖値を挙げ、インスリンによる糖尿病治療を邪魔していることがわかったそうです。

今回の発見により、このホルモンを抑制することができれば、新たな治療法につながるのではないかと期待されています。

■糖尿病治療を邪魔する肝臓で作られるホルモンとは?

このホルモンは「セレノプロテインP」と呼ばれ、抗酸化物質セレンを運ぶ役割をする。

セレンはアンチエイジング効果があるとしてサプリメントなどに用いられている。

研究チームは、同大付属病院の糖尿病患者を調査したところ、セレノプロテインPの血中濃度が高いことに着目。

マウス実験で、同ホルモンを打ったマウスは血糖値が上がり、インスリンが効きにくくなることを突き止めた。

肝臓での同ホルモン生成を抑える薬を打ったマウスは血糖値が下がることも分かった。

研究チームは、セレノプロテインPなど糖尿病に関与する肝臓由来ホルモンを「ヘパトカイン」と命名。

これらは糖尿病だけでなく、メタボリック症候群やがんなどとの関連も考えられるという。

抗酸化物質セレンを運ぶ役割を持つ「セレノプロテインP」と呼ばれるホルモンが血糖値を上げ、インスリンを効きにくくしているようです。

研究チームによれば、糖尿病だけでなく、メタボリックシンドロームやがんなどとの関連も考えられるそうで、今後の研究に期待したいですね。

⇒ 糖尿病の症状 については詳しくはコチラ

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログよりわかりやすい、絶対覚えておきたい健康情報を週一回配信しています。

簡単に登録(無料)できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

【関連リンク】

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブログ村 健康ブログへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>