肝臓に良いシジミを冷凍させるとオルニチン量が増える?

しじみを冷凍させるとオルニチン量が増える?

健康美容ニュースブログ|ダイエット・病気・症状

【知ってる!?】オルニチン(2)

(2010/5/10、msn産経)

肝機能を改善し、疲労回復を促すオルニチンは通常のアミノ酸と異なり、タンパク質を構成せずに遊離した状態で血液に溶け込んでいる。

体内をめぐる遊離アミノ酸のオルニチンは、肝臓でアンモニアなどの有害物質の解毒やブドウ糖の合成を促進する働きがある。

アルコール摂取で崩れた肝臓の代謝バランスを整える働きもあるので、アルコール性疲労も軽減する。

オルニチンには、肝臓でアンモニアなどの有害物質の解毒やブドウ糖の合成を促進する働きや肝臓の代謝バランスを整える働きがあるそうです。

⇒ オルニチン についてはコチラ!

⇒ 肝臓 についてはコチラ!

オルニチンを豊富に含む食材はシジミだ。

キハダマグロやチーズにも含まれているが、シジミのオルニチン量は突出。

昔から、しじみのみそ汁が良いといわれていましたが、これはオルニチンによるものみたいですね。

シジミは凍らせるとオルニチン量が増える。

台湾や韓国では昔から食べる前に凍らせているという。

青森県産業技術センター工業総合研究所の実験によると、零下4度が冷凍処理のベスト温度で、オルニチン量は8倍に増える。

シジミを冷凍して使った方が良いようです。

是非試してみてください。

【関連リンク】

【関連記事】

健康食品 通販なら舶来堂 のメルマガでは、ブログの内容を凝縮させた、一週間分の健康情報を配信しています。

簡単に登録できます!解除も簡単です!

メールマガジン について詳しくはこちら。

Twitter-健康食品通販なら舶来堂

Facebook-健康食品通販なら舶来堂

にほんブ��グ村 健康ブ��グへ

⇒ 今何位? <ブログランキング>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。