肝臓がんで死亡、年33万人!世界の死者数の55%占める―中国

7月 29, 2009

肝臓がんで死亡、年33万人!世界の死者数の55%占める―中国

(2009/7/29、Record China)

2009年7月27日、中国衛生部医政課医療管理所の焦雅輝(ジャオ・ヤーフイ)所長は、中国では年に33万人以上が肝臓がんで死亡していることを明かした。

世界の肝臓がん死者数の55%を占めているという。

中国では、年33万人が肝臓がんで亡くなっているとのことで、また、世界の肝臓がんの死者数の55%なのだそうです。

この数字は多いのではないでしょうか。

肝臓がんになる原因が何かあるのかもしれません。

【関連リンク】


iPS細胞 肝がん細胞から作成…ハーバード大チーム成功

7月 9, 2009

iPS細胞 肝がん細胞から作成…ハーバード大チーム成功

(2009/7/8、毎日新聞)

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、肝臓がんの細胞から作ることに森口尚史・米ハーバード大研究員らが世界で初めて成功した。

できたiPS細胞から正常な肝臓の細胞も初めて作成した。

iPS細胞はさまざまな細胞になるが、その過程でがん化するのが課題になっている。

研究チームは得られた細胞の分析から、がん化を防ぐ遺伝子の働きを解明したといい、再生医療の実現に向けた一歩になると注目される。

今回の研究は、再生医療だけでなく、がん治療にも役立つことが期待されます。

【関連リンク】


肝臓がん治療に樹状細胞療法 愛媛大が臨床試験

7月 1, 2009

肝がん治療に樹状細胞療法 愛媛大が臨床試験

(2009/6/29、愛媛新聞)

免疫細胞の一種である「樹状細胞」を用いて肝臓がんを治療する免疫療法の臨床試験を、愛媛大大学院医学系研究科の阿部雅則准教授(39)=消化器内科=らのグループがこのほど始めた。

愛媛大が、肝臓がんの治療に樹状細胞を用いた治療法の臨床試験を始めたそうです。

肝がんに対しては手術やエタノール注入療法、ラジオ波焼灼(しょうしゃく)術、肝動脈塞栓(そくせん)術などの標準治療(科学的根拠のある現状で最善の治療法)がある。

しかし肝がんは再発しやすく、再発がんを標準治療で完全に抑えることは難しいため、補完的治療として樹状細胞療法が近年注目されている。

肝臓がんの治療にあたっては、手術やラジオ波焼灼術などがあります。

しかし、記事によれば、肝臓がんは再発しやすいため、補完的治療として樹状細胞療法が注目を集めているそうです。

樹状細胞療法とはどういった治療法なのでしょうか。

体外で培養した樹状細胞にがん抗原を結合させて体内に戻し、リンパ球にがん細胞だけを攻撃させる。

うまく治療法を組み合わせて、良い治療法が生まれるといいですね。

【関連リンク】