5つの先天性心臓病持つ男児、生体肝移植成功…慶応大病院

5月 29, 2009

5つの先天性心臓病持つ男児、生体肝移植成功…慶応大病院

(2009/5/29、読売新聞)

五つの先天性心臓病のほか、重い肝臓病の胆道閉鎖症を患う生後8か月の埼玉県の男児が、母親を提供者とした生体肝移植手術を慶応大病院(東京・信濃町)で受けて成功、29日、無事退院した。

5つの心臓病に加えて、肝臓の病気まで抱えていたなんて、大変だったことでしょう。

記事によれば、生体肝移植は成功し、現在は順調に回復しているそうです。

重い心臓病を複数抱えての生体肝移植の成功は世界でも報告がないという。

医師の治療チームも素晴らしかったのでしょうね。

【関連リンク】


肝疾患の治療体制充実へ、熊本大病院が診療拠点に

5月 23, 2009

肝疾患の治療体制充実へ、熊本大病院が診療拠点に

(2009/5/19、読売新聞)

肝炎や肝臓がんなどの肝疾患治療で中心的な役割を果たす「肝疾患診療連携拠点病院」に、熊本大付属病院(熊本市本荘)が指定された。

肝炎肝臓がんなどの肝臓の病気に関する治療において、熊本大付属病院が中心的役割を担い、今後は、専門医とかかりつけ医との連携し、質の高い肝疾患治療を提供できるような体制作りを進めていくそうです。

肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、自覚症状に気付きにくいため、気づいた時には悪化していることが多いようです。

また、記事によれば、

かかりつけ医の知識不足から、異常を見過ごすこともあり、専門医との連携の必要性が指摘されていた

そうです。

そういう意味においても、肝臓の病気における診療拠点ができたことは良いことではないでしょうか。

良い体制作りができるといいですね。

【関連リンク】


class津久井克行さん、胆管がんを公表

5月 19, 2009

class津久井克行が胆管がんを公表

(2009/5/18、オリコン)

「夏の日の1993」で知られる男性デュオ・classの津久井克行が胆管がんを患っていることが18日、わかった。

classの津久井克行さんが胆管がんを患っていることを公表したそうです。

記事によれば、体調はいい方向に向かっているとのこと。

ぜひ頑張ってほしいですね。

【参考リンク】

胆管がんは胆管の粘膜から発生する悪性腫瘍です。

<中略>

肝内胆管がんは肝臓にできたがんとして取り扱われます。

【胆管について】

胆管は肝臓でつくられる胆汁を十二指腸まで導く導管で、肝臓の中を走る肝内胆管と肝臓の外に出てから小腸までの肝外胆管に分けられます。

【関連リンク】