ES細胞から成熟肝細胞、肝硬変の治療に期待

4月 21, 2009

ES細胞から成熟肝細胞、血友病治療に期待

(2009/4/20、読売新聞)

岡山大と米ピッツバーグ大の共同研究チームが、人間の「胚性幹細胞(ES細胞)」から、成熟した肝臓の細胞を作り出すことに成功した。

肝硬変の細胞治療などにつながる成果。

20日に岡山市で始まる国際細胞移植会議で発表する。

ES細胞から肝臓の細胞を作ることに成功したそうです。

肝硬変の治療や血友病の治療につながる可能性があるそうです。

【関連リンク】


iPS細胞から肝細胞 岡山大が成功

4月 20, 2009

iPS細胞から肝細胞 岡山大が成功

(2009/4/18、MSN産経)

岡山大病院(岡山市)の小林直哉講師らのグループが、マウスのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から肝細胞に含まれる「アルブミン」などのタンパク質をつくることに成功した。

iPS細胞から肝細胞を作ることに成功したそうです。

この研究が進めば、肝不全患者らへの再生医療の可能性があるとして、注目されています。

【関連リンク】


ファラ・フォーセット、ガンが肝臓に転移

4月 7, 2009

ファラ・フォーセット、ガンが肝臓に転移

(2009/4/7、シネマトゥデイ)

2006年に肛門ガンであることを明らかにしたファラ・フォーセットがロサンゼルスの病院に入院し、手術を受けたことが発表された。

<中略>

Usマガジン.comによると、さまざまな治療を受けているものの、ガンが肝臓に転移していることをファラのガン専門医ローレン・パイロ氏は明らかにしている。

ファラ・フォーセットさんはがん治療を行なっているそうですが、がんが肝臓に転移しているそうです。

【関連リンク】