30分で肝臓がん消滅!ラジオ波焼灼術|がん治療最前線より

がん治療最前線(2009/2/22、テレビ朝日系)で肝臓がんの治療について紹介していました。

今回紹介したのが、ラジオ波焼灼術という治療法。

ラジオ波焼灼術とは、肝臓に電極を挿入し、腫瘍だけを焼く(100度で壊死)という方法なのだそうです。

この治療法の翌日には、起き上がって食事もでき、また、1週間ほどで退院ができるそうです。

さらに、この治療法の特徴としては、何度も治療ができるのが特徴と紹介していました。

【関連リンク】

30分で肝臓がん消滅!ラジオ波焼灼術|がん治療最前線より への2件のフィードバック

  1. 村上二三子 より:

    72歳女性です。C型肝炎・肝硬変(ステージ4)です。
    平成06年4月 肝細胞癌で、ラジオ波焼灼手術をうける。
    また、癌の影が写っているといわれました。
    平成09年2月頃から、エコー・CT・MRIと経過をみています。
    再発と診断されましたら、術後のからだのためにも、どのような
    手術方法がよいか、コメントいただけたら教えてください。

    • hakuraidou より:

      このブログでは、肝臓に関する様々なニュース記事を集めておりますが、どのような手術方法がおすすめかまではお答えすることはできません。
      ぜひかかりつけの医師にご相談していただくことをお勧めいたします。
      お役にたてず申しわけございません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。