二日酔い対策方法

この時期は何かとお酒(アルコール)を飲む機会が増えますよね。

あまりに飲みすぎると翌日二日酔いの症状が・・・。

そんなあなたに二日酔い対策の方法を紹介している記事がありましたので、ご紹介します。

忘年会でつい飲みすぎちゃったら…? (2008/12/6、エキサイト)

社団法人アルコール健康医学協会によると、「アルコールは肝臓で、まずアルコール脱水素酵素(ADH)によって、アセトアルデヒドに分解されます。

アセトアルデヒドは毒性が強いので(アルコールを過剰に摂取するなどして)十分に分解されないで体内に残ると、頭痛や吐き気、動悸などの症状が出ます」とのこと。

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されますが、このアセトアルデヒドは毒性が強く、このアセトアルデヒドが分解されないと、頭痛や吐き気などいわゆる二日酔いの症状に悩まされるというわけです。

記事の中で、二日酔い対策の方法を紹介していました。

●食べながら飲む
酒と一緒に栄養のバランスのとれたもの、それもタンパク質や脂質を含んだ食物を食べましょう。アルコールと胃の粘膜の接触を緩和し、アルコールの吸収のペースもゆるやかになります。また、それによって胃腸障害を予防し、血液中のアルコール濃度も低く保てます。

●ウコンを利用する
ウコンに含まれるクルクミンという成分は肝機能を強化し、にっくきアセトアルデヒドを排出する胆汁の分泌を促してくれます。

●ハチミツを飲む
全米頭痛財団(National Headache Foundation/NHF)は、はちみつに含まれる果糖の一種がアルコールの分解を促進し、二日酔いによる頭痛を軽減させると科学的に検証したそう。

飲みすぎて、肝臓を悪くして脂肪肝などの肝臓の病気にならないためにも、お酒はほどほどにして気をつけましょう。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ

二日酔い対策方法 への1件のフィードバック

  1. […] Comment! 二日酔い対策方法 (肝臓ブログより) […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。