コーヒーに脂肪肝予防効果=飲む量減ると発症しやすく

コーヒーに脂肪肝予防効果=飲む量減ると発症しやすく(2008/11/4、時事通信)

コーヒーに脂肪肝を抑制する効果があることが、三越総合健診センター(東京都新宿区)の船津和夫所長らの調査で分かった。

記事によると、脂肪肝の人はコーヒーを飲む量が少なく、コーヒーを飲む量が減った人は脂肪肝が発症する率が高かったそうです。

もちろんコーヒーを飲む量だけが脂肪肝にならない原因ではないとは思いますが、コーヒーをいつも飲んでいる人にとっては、朗報だといえるかもしれませんね。

【関連ページ】

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ

コーヒーに脂肪肝予防効果=飲む量減ると発症しやすく への2件のフィードバック

  1. […] Comment! コーヒーに脂肪肝予防効果=飲む量減ると発症しやすく (肝臓ブログ) […]

  2. […] 先日のニュース(コーヒーに脂肪肝予防効果)が影響しているようです。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。