コーヒーを毎日飲む人はほとんど飲まない人に比べ肝がんになる率が約半分

コーヒーを多く飲む人は肝臓がんの発生リスクが低い?について少し調べてみたところ、関連するページを見つけましたので、ご紹介します。

コーヒー摂取と肝がんの発生率との関係について 

コーヒーをほとんど飲まない人と比べ、ほぼ毎日飲む人では肝がんの発生率が約半分に減少し、1日の摂取量が増えるほど発生率が低下し、1日5杯以上飲む人では、肝がんの発生率は4分の1にまで低下していました。発生率の低下は男女に関係なく見られていました。

コーヒーをよく飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて、肝臓がんの発生率が約半分で、特に1日5杯以上飲む人は肝臓がんの発生率は4分の1にまで低下していたとのことでした。

コーヒー嫌いの人にまでこのことを薦めることはできませんが、コーヒー好きの方にとっては良い情報となりそうです。

肝臓の病気

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。