肝臓腹腔鏡手術の利点と問題点

医療ナビ:肝臓腹腔鏡手術 おなかに小さな穴を開け小型カメラで見ながら… (2008/10/7、毎日新聞)

 ◆肝臓腹腔鏡手術 おなかに小さな穴を開け小型カメラで見ながら行う。利点と問題は。
 ◇小さい負担、回復も早く 止血法進み増加、移植ドナーに適用も
 ◇操作複雑、処置に制約…技術定型化が課題

おなかに小さな穴を開け、小型のカメラ(内視鏡)を入れて臓器の切除などを行う「腹腔(ふくくう)鏡手術」。体を大きく切らずに済み、患者の負担が小さい。胃、大腸などで行われているが、最近は肝臓でも適用され始めた。7月には厚生労働省の高度医療評価制度に、腹腔鏡を補助に使って肝臓を手術する岩手医科大の「腹腔鏡補助下肝切除術」が選ばれた。生体肝移植手術に応用する試みも進んでいる。

肝臓の腹腔鏡手術は患者側の利点は大きいようです。

それは、傷口が小さく、回復が早いため、入院期間が短く、復帰も早くなるため、負担が小さくて済むからです。

しかし、問題点もあるようです。

問題点としては、医療費が高額であること、技術が難しいことです。

今後は、肝臓腹腔鏡手術に関する情報と知識を共有することが重要で、また、高額な医療費を保険などで賄えるようになるかどうかが課題となりそうです。

肝臓の病気

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。