ネズミの肝臓の老化ストップに成功、米大学

米アルバート・アインシュタイン医科大学の研究チームは、肝臓細胞内の有害タンパク質の堆積を防ぐことにより、ネズミの肝臓の老化プロセスを停止させることに成功したと発表したそうです。

ネズミの肝臓の老化ストップに成功、米大学(2008/8/12、AFPBB)

タンパク質の堆積による老化現象が、器官内または生きた動物において阻止されたのは今回が初めて。老齢になると肝臓が弱まって死に至る危険が高まるが、今回の発見で、そうした肝臓の治療法が確立されることが期待される。また、長生きの秘訣も導き出されるかもしれない。

肝臓の治療法に対する研究が進んでいるようです。

また、この研究によって、肝臓が元気になれば、健康で長生きできるかもしれませんね。

にほんブ��グ村 病気ブ��グ 肝臓・胆嚢・すい臓の病気へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。