肝臓の症状

肝臓が悪いときの症状(自覚症状)

肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、肝臓の障害がかなり進行していても症状が現れないことが多い。

初期のうちはほとんど自覚症状はありませんが、沈黙の臓器といわれる肝臓も肝炎・肝硬変など病気が進行するにつれて特徴的な症状があらわれてきます。

肝臓が悪いときの症状としては、以下のことが挙げられます。

  • 全身倦怠感
  • 食欲不振
  • 黄疸
  • 発熱
  • 吐き気
  • 尿の色が濃い
  • むくみ
  • 腹水

などの症状が現れます。

One Response to 肝臓の症状

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。