γGTP

肝臓の数値 > γ-GTP

■γ-GTP

γ-GTPは、肝臓、腎臓、すい臓、脾臓、小腸などに含まれている解毒作用に関係している酵素で、アルコールに反応します。
このγ-GTPは肝臓や胆管の細胞が死んだときに血液中に流れ出すため、肝臓や胆管の細胞がどれくらい壊れたかを示す一つの指標になります。
特にアルコール性肝障害や、胆石で胆道が塞がれたときに数値は上がりやすいと言われています。
血液中にγ-GTPが流れ出ること自体は、体に悪いことではなく、γ-GTPがなぜ増えているのかということが注目すべきポイントです。
γ-GTP値が高いと、肝臓の細胞などが壊されているのではないかという恐れがあります。

診断でわかる肝機能数値の正常値は以下の通りとなっています。

γ-GTP(正常値) 

  • 男性10~50IU/L
  • 女性9~32IU/L

正常値を下回っている分には問題ありませんが、数値が上回っている場合には、肝臓に負担がかかっていると考えられます。γ-GTPが100以下であれば、禁酒などお酒・アルコールを控えることで正常値に戻ると考えられます。
しかし、100以上であれば、脂肪肝が進行していると考えられるため、病院で診てもらいましょう。

【関連ページ】

【参考ページ】

γGTP への6件のフィードバック

  1. sakai kazuhiro より:

    最近村の健診で肝臓が悪いと云われお酒を止めた方が良いのではないかと村医に言われました。ちなみに検査結果はGOT27、GPT26、
    γ-GTP35でした。肝機能の基準値以内だと思いますが、如何ですか?
    よろしくお願いします。

    • hakuraidou より:

      肝臓の数値としては基準値内のようです。

      ただ、今後気をつけたほうが良いという意味でおっしゃったのではないでしょうか。

      詳しくはぜひ医師の方に相談してみてください。

  2. はるる より:

    γ-GTPが96で、ALTが122ですが、どういう病気が考えられるのですか??

  3. はるる より:

    γ-GTPが96で、ALTが122ですが、どういう病気が考えられるのですか??
    教えてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。