肝臓の数値

■肝臓の数値の読み方
肝臓に関する数値の読み方を知れば、定期的に受ける健康診断(検診など)での肝臓における病気の早期発見に役立つはずです。
肝機能に関する主なキーワードは「γ‐GTP(ガンマ・ジーティーピー)」「GOT」「GPT」です。

γ-GTP

GOT(AST)

GPT(ALT)

【参考ページ】

3 Responses to 肝臓の数値

  1. 岡田 喜代平 より:

    血液検査を行いました。
    AST(GOT)51
    ALT(GPT)82
    の結果がでました。
    肝臓病が疑われますか?

    • hakuraidou より:

      診断でわかる肝機能数値の正常値は以下の通りとなっています。

      GOT(AST)…40IU/L単位以下

      GPT(ALT)…40IU/L単位以下

      GPT(ALT)・GOT(AST)が100以下の場合には、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝などが考えられます。

      一度みていただくことをおすすめします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。